腰痛のために身体を動かすことが億劫になったり、夜眠れなかったり、気分が落ち込んだりすることはありませんか?

腰痛は生活の質(QOL)を落とす代表的な病気です。

腰痛の原因の85%は不明といわれていますが、もしかしたら見逃してはならない病気のサインかもしれません。

今回は、腰痛の原因について解説します。

 

腰痛の原因の85%が不明!

約85%の腰痛の患者様が、レントゲンやCT検査を行っても、画像上の異常は見つかりません。

では、なぜ腰痛が起こるのでしょうか?それは、レントゲンなどの画像診断では判断できないほどの微細な構造上の変化、ストレス、姿勢や生活習慣が原因と考えられています。

また、腰痛患者様の85%が原因不明なので腰痛の原因がわからないからと言って不安になる必要はありません。

 

腰痛の原因が判明するのは15%だけ!

腰痛の原因として考えられる病気の15%はどのような病気が考えられるでしょうか?

*脊椎部;ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板変性

*脊椎関節や仙腸関節などの関節の痛み

*帯状疱疹による腰の痛み

*脊椎炎や骨髄炎などの感染による腰の痛み

*圧迫骨折などの骨折の痛み

*筋膜や靱帯の炎症による腰の痛み

*脊椎の悪性腫瘍(癌)やがん転移による腰の痛み

*尿路結石や婦人科や消化器の病気による腰の痛み

*腹部大動脈瘤による腰の痛み

 

などが考えられます。

以上のような病気の場合、レントゲンやCT、MRI、血液検査などで原因が明らかになることが多いです。

最も見逃してはならないのは、悪性腫瘍(癌)、炎症、動脈瘤による腰の痛みであり、このような病気が原因である場合、命にかかわることも少なくありませんし、ヘルニアであっても症状によっては緊急手術が必要な場合もあります。

腰痛といってもこのように様々な原因が考えられますので、急激に発生した腰痛や長引く腰痛、鎮痛剤の効かない腰痛、頻尿などの膀胱直腸障害、発熱、体重減少など腰痛と関係ない、と思われるような症状がある方は、腰痛の早期診断や適切な治療のためにも、一度、病院で相談してみましょう。

 

まとめ

1.腰痛の原因の85%が不明なので原因がわからなくても不安になることはない!

2.腰痛の原因が判明するのは15%だけ!

3.悪性腫瘍や癌転移による腰痛がある!

4.緊急手術が必要な腰痛がある!

5.腰痛には重篤な病気が隠れている可能性がある!